So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

新玉ねぎと晩柑のサラダを作ってみました [料理(我が家のご飯)]

先週のある日の晩ごはん
0A97566A-2329-445A-9980-8648342D7030.jpeg
蒸キャベツとウィンナー、ミニトマト添え。
そして、玉ねぎと晩柑、生ハムのサラダです。

新玉ねぎは、生で食べたいので、ちょうど沢山届いた河内晩柑と生ハムとでサラダにしました。
C3E6B980-D753-4286-87E5-1C4B877E28A4.jpeg
以前、八朔を使って作ったこともあります。そのときはお酢とオリーブオイル、塩・胡椒であえたのですが、今回使った河内晩柑は、それほど酸味が強くないので、お酢の代わりにバルサミコ酢で和えてみました。

酸味控えめで美味しいサラダになりました(*^_^*)

nice!(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

名前のわからない柑橘類が実家から届きました [アンテナショップ・産直ご当地グルメ・食イベント]

先週、実家から段ボール1箱の野菜や果物、お菓子などが届きました。
いつも、本当にありがたいです[ぴかぴか(新しい)]

その中に、こんな果物が入っていました↓
D0BBA938-982E-4953-9A09-9E41F18C7B37.jpeg
みかんではないし、オレンジでもない。八朔でも、グレープフルーツでもない。なんだろう??

食べてみると、酸っぱすぎず、甘すぎず、グレープフルーツのような苦みもなく、とっても食べやすくて美味しい!!!

柑橘類って、本当に種類が沢山ありますよね。

色と形、味の印象を手掛りに、調べてみました。

おそらくこれ↓
http://foodslink.jp/syokuzaihyakka/syun/fruit/kawachibankan.htm
河内晩柑(かわちばんかん)

地域によっては、美生柑(みしょうかん)、宇和ゴールド、ジューシーオレンジなどと呼ばれているようです。

『和製グレープフルーツ』と称されることもあるとか。納得の味と形です(*^_^*)

こういう皮の厚い柑橘類って皮を剥く手間があるので、みかんよりハードルがだいぶ高く、八朔などは、私には少し酸味が強すぎて、

食べたい欲求<皮を剥くのが面倒

という数式になります。自分で買うことはほぼなく、貰ってもなかなか減りません。

でも、この河内晩柑は、

食べたい欲求>皮を剥くのが面倒

で、自ら積極的に剥いて食べています。珍しく夫が剥いてくれることもw

ある日のあさごはん
EA84725F-3CA4-4D57-BFE2-71B80DF3EDF9.jpeg
はちみつヨーグルトに添えて食べました(*^。^*)
蜂蜜との相性もばっちりでした[るんるん]


nice!(3) 
共通テーマ:グルメ・料理

トマトの冷たいおでん [バーミキュラ(Vermicular)]

数日前に、インスタグラムのフォロワーさんが作っているを見て以来、食べたくて仕方がなかった冷たいトマトおでんをバーミキュラで作ってみました。
F69EF566-C5F2-43F9-92C7-933023A96175.jpeg
湯剥きしてから煮るのかな?と思ったのですが、最初は皮つきのままでも、お出汁で煮ているうちに皮がむけてくるので湯むきは不要なようです。

ただ、先端のところには切れ込みを入れておいた方が、あとでキレイにむけると思います。私はこれをやらなかったので、皮と一緒に実もついてきて一部ボロボロに見た目が悪くなってしまいました。ここが今回の反省点!次回は気を付けねば。

こういうちょっとした注意点はあるものの、まるごとトマトを沸騰した出し汁に入れ、再度沸騰したら火を止めて冷ますだけ。

とっても簡単です[ぴかぴか(新しい)]

食べるときに大葉を盛って出来上がり!(ちょっと盛りすぎた?)
FE40B8C8-ACD6-422E-B7AE-C353309CD6EF.jpeg
さっぱりしていて美味しかったです。これからの季節にぴったりですね(*^。^*)

バーミキュラじゃなくても普通のお鍋で作っても美味しくできると思いますが、可愛いお鍋の方が料理中の気分が上がるのと、やっぱり煮込むときには鋳物琺瑯鍋の方がより美味しくなる気がして、今回はバーミキュラを使って作ってみました!

nice!(3) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の3件 | -