So-net無料ブログ作成
検索選択
料理(我が家のご飯) ブログトップ
前の10件 | -

春はタケノコ2017 Part1:グラタン [料理(我が家のご飯)]

今年も静岡の実家からタケノコが送られてきました。

きちんと処理をした水煮で送ってもらえてありがたい!
DSC_2727.JPG
さて、今年はどうやって食べようかな?

ちょうどアウトレットで買った新しい食器を使ってみたい思いもあったので、まずは、タケノコとジャガイモのグラタンにしてみました。

ストウブのレクタンギュラーディッシュ ターコイズ、早速登場です(*^^*)
staubdish1.jpg
ホワイトソースはハインツの缶詰めのストックがあったのでそれを利用。

お肉は鶏肉があれば入れたのですが、あいにくちょうど切らしていたので、コンビーフを使ってみました。

チーズをたっぷりかけてオーブンで20分!美味しそうな焼き色がつきました(*^。^*)
takenokoguratan.jpg

1493215961429.jpg
初めての挑戦でしたが、大成功!タケノコだけじゃなく、ジャガイモもいれたのは大正解でした。2種類のまったく違う食感が楽しめて、どちらか一種類のグラタンより断然美味しい(*^_^*)
1493215936067.jpg
タケノコを使う料理となると和食か中華がまず思い浮かびますが、洋風のレシピでもタケノコは美味しいです♪

1493215903204.jpg
タケノコと一緒に、新タマネギも送られてきたので、タマネギと生ハムのマリネサラダも作りました。

まだまだ朝晩は肌寒い日が続いているけど、食卓はすっかり春の彩りです[かわいい]

二種のスペアリブの晩御飯 [料理(我が家のご飯)]

余裕ができたので、ちょっとだけ時間をかけた晩御飯を作ってみました。
dinner20170421-3.jpg
スペアリブの味付けを二種類の分けて作ってみました。

黒い器のスペアリブは、夫の実家から送られてきた名前の分からないw柑橘類と白ワインその他ニンニクハチミツ・しょうゆ・みりん・玉ねぎのみじん切りを混ぜ合わせた)タレに半日漬けこんでからバーミキュラで40分程弱火で煮込んでみました。
dinner20170421-2.jpg

赤い器のスペアリブは、蓮根と一緒に黒酢でルクルーゼで煮込みました。こちらはお肉だけで20分、あとからレンコンを追加して10分ほどです。
dinner20170421-1.jpg

どちらもレシピ本やクックパッドなどを参考にすることなく、適当に味付けしてみたので、ちょっと不安でしたが、どちらも美味しくなりました。お肉も柔らかく、骨からほろっと簡単に取れました(*^。^*)

やっぱり、骨付き肉は美味しいですね\(^o^)/

豪華A5ランク和牛ステーキワンプレートディナー [料理(我が家のご飯)]

前日のステーキのボリュームがありすぎて(一人260~280g)、私も夫も一枚全部食べ切れず、半分ほど残していました。その残りを使って翌日は、ワンプレート晩御飯にしてみました。
IMG_20170416_205722_839.jpg

見た目はランチプレート並に少なく見えますが、おそるべし!!とちぎ和牛 匠。
A5等級なだけでなく、サシの状態を表すBMSという数値が10以上という、非常に脂ののったお肉なのです。つまり、相当高カロリー(^_^;)

この写真の量だけでも、かなりお腹いっぱい。苦しい。結局、一切れ夫にあげました。

普段、赤身ばっかり食べてるから、その感覚で量を計算したらダメですね~(>_<)
フォアグラみたいに、ちょこっと食べるのが美味しいかも。ひとり1回の量は80gぐらいでよかったかな。

でも、柔らかくて甘くて本当に美味しいお肉でしたよ!!

次は調子に乗って一気に焼かないで、適量ずつ食べるようにします。せっかくの良いお肉なので、美味しくいただきたいですもんね。

誕生日プレゼントディナーは「とちぎ和牛 匠」のステーキ [料理(我が家のご飯)]

誕生日当日はゆっくりディナーを楽しむどころじゃなかったので、この週末、夫が誕生日ディナーを作ってくれました(一部、私も担当(^_^;))

メインディッシュはビーフステーキでした。
wagyubeafsteak.jpg

先週初めて買い物に行った卸売市場内にあるお肉屋さんが、毎週土曜日は黒毛和牛の特売セールをやっていることに気付き、今までに買ったことも食べたこともないような高級和牛誕生日プレゼントに買ってもらいました!やったー\(^o^)/
tochigitakumi.jpg

おうちでこんな豪華ディナーが食べれて幸せでした(*^_^*)
dinner20170415-1.jpg
お肉の付け合せの野菜もちょっと豪華にしてみました。
グリーンアスパラ、赤パプリカとロマネスコのグリル。
leftロマネスコ(カリフラワーとブロッコリーのかけあわせみたいな野菜ですね)は、イタリアンレストランなどでは何度が食べたことがありますが、自分で買って調理してみたのは初めてです。生でも食べられるようなので、ちょり時間は短めで良いと書いてあったので、アスパラやパプリカよりも火を入れる時間を短めにしてみたところ、美味しくいただけました(*^_^*)

そして、お肉をやいたフライパンに残った油で炒めたガーリックライス
dinner20170415-2.jpg
ちょっと高級オリーブオイルを塗ったガーリックトースト
dinner20170415-3.jpg
どちらも美味しかったです。

豪華すぎて、ステーキのお肉全部食べ切れませんでした(>_<)
見た目以上のカロリーですね。珍しく夫も残していました。残ったお肉でビーフ丼にしてみる予定です(*^_^*)

砂抜き中のアサリから攻撃されびっくりした話 [料理(我が家のご飯)]

貝祭り継続中の我が家
vongolebianco.jpg
和食の次は洋食ということで、ボンゴレビアンコ

大きなアサリが沢山入ったパスタはとっても美味しかった!
IMG_20170415_133205.jpg





今回、市場で買ってきた貝類だったので、しっかり砂抜きをした方が良いと思い、いつも適当に調整している塩分濃度を、きっちり計量してやってみました。

アサリ は、水1リットルに対して塩30グラム
シジミ は、水1リットルに対して塩3グラム

シジミの塩分量は、アサリの10分の1

一緒に砂抜きするのは初めてでしたが、一緒にやったことで覚えやすい。もう忘れないかも!!(*^。^*)

asari.jpg
適正な塩分濃度であるがゆえ、快適なのか、あさりもしじみもリラックス感ハンパないw
shizimi.jpg

こんなに長~く貝殻から外に身体が出てるのみたことないな~
砂もゴミも沢山出ているな~


と思いながら、覗き込んでいたら、一匹(?)のあさりが突然私に向かって水をぴゅっ!!と吹きかけました。

ぎゃーーー!!!と悲鳴を上げた私。

夫が、何事かと思って飛んできました。

予想外の出来事だったので心臓バクバクでした。よくよく冷静になってみてみれば、砂抜き中の貝の入った容器の周りは砂ごみの混ざった水でベタベタ[がく~(落胆した顔)]

貝達が水を吹き散らしていたのですね。。[ふらふら]

砂抜きをする際には、上に新聞紙などを置くのは、暗くするため、と思っていたのですが、それだけではなく、周りに水が飛び散るのを防ぐ意味もあったのですね。学習しました。

この日は、天気が悪くて昼間でもかなり薄暗く、物陰に隠れた場所で電気を消すとかなり暗くなる場所だったので、上に何もかぶせていなかったんですよね。次からは必ず上に新聞紙をかぶせるようにします(>_<)

さて、それはさておき、砂抜きを終えたあさりは、ボンゴレビアンコ(パスタ)に。
しじみは、そのまま冷凍してみました。貝を冷凍保存してみるのは初めてです。ネットで調べたらそのまま冷凍保存OKと書いてあったのですが、生きたまま冷凍しちゃって、そのあと料理したときにちゃんと開くのかな?とちょっと不安。。次回、料理するとき、どうなるかのお楽しみです。

貝祭り:初めてのシジミ炊き込みご飯 [料理(我が家のご飯)]

貝祭りご飯の続きです。

蜆は、今まで味噌汁にしか使ったことがなかったのですが、初めて炊き込みご飯に挑戦してみました(作ったのは夫ですが・・・)
shizimigohan1.jpg

蜆は茹でて殻から出し、茹で汁を冷ましてご飯を炊くのに使いました。
シジミの他の具材として、彩りと食感を出すために人参とえのきを入れました。

写真はそれだけですが、最後に刻んだ青ネギをちらすと、より見た目もキレイで味も美味しくなりますね(*^_^*)

dinner2017April.jpg
蜆の炊き込みご飯、あさりの酒蒸し、マグロの刺身、わかめと豆腐の味噌汁、ひじき煮

料理の並ぶ頻度の方が多い我が家ですが、実は魚介も大好きです。(私も夫も、駿河湾の海の幸で育ってきてますからね!)

実家に帰った方が、新鮮で美味しい魚が食べられるので、横浜の家で刺身を食べることはほとんどありませんでしたが、新鮮な食材を手に入れられることが分かったので、これからはシーフードメニューも増やしていきたいな(*^。^*)

鮮魚でダブル丼:週末のちょっと贅沢ランチ [料理(我が家のご飯)]

卸売市場で買ってきた新鮮魚介を使い、土曜日は贅沢ランチを楽しみました(*^。^*)

まぐろ丼&しらす丼

盛り付けは各自ご自由に!というスタイルにしたので、夫と私の盛り付けに個性がでました。

まずは夫のランチプレート
seafoodlunch-20170408-1.jpg
左は、マグロとシラスの2種盛り丼になっています。赤・白・大葉の緑の3色が黒い器に映えて美味しそうです。
右は、しらす丼。万能ねぎと大葉をちぎってちらしてあります。真ん中の生姜がアクセントです。

seafoodlunch-20170408-2.jpg
引きの写真です。私の方から撮影しているので向きが上下さかさまになっていますが、丼2つと、コバチ&湯呑3つがひとつのお盆の中にバランス良く配置されていますね。

次に、私のランチプレート
seafoodlunch-20170408-3.jpg
STAUBのセラミックボールの2個使いです。
seafoodlunch-20170408-4.jpg
上からみるとこんな感じ。

う~ん、夫の圧勝だなぁ。盛り付けセンスはいつも夫には敵わないです(>_<)
もっと精進しなくては。


居酒屋みたいなメニューだけどお酒は飲まない我が家の晩御飯 [料理(我が家のご飯)]

夫の晩御飯シリーズ。
最近は、完全に夫の方が帰宅が早いので、ほぼ毎日夫が晩御飯担当。めきめきと腕をあげていますw反面、私の腕は落ちる一方。。。

昨夜の献立
IMG_20170403_224707.jpg
メインは厚揚げのねぎ味噌チーズ焼き。
そして、副菜は小松菜とお揚げの煮びたし、トマト、卵とねぎのスープ

厚揚げ焼きは、味噌とチーズの重ねる順番を交互にするという、私が写真にとってブログにアップすることを見越した作り(笑) でも、見た目が違うだけでなく火のあたり具合が変わってくるので、チーズの食感が違って2種類楽しめました(*^_^*)

これは、日本酒に絶対に合う!と思うのですが、私も夫も最近まったくお酒を飲まなくなってしまったので、そのまま美味しくいただいてます。

お酒を飲まなくなった分を食材に投資してる感じですかね。少し、良い食材を買ってみたりするようになりました。今回も、厚揚げなどはスーパーの特売品ですが、お味噌は北野エースで買ってきたちょっとだけ良いお味噌。調味料をちょっと奮発すると、同じ食材でも格段に美味しくなりますね(*^。^*) 素材のランクを上げると一気に値段あがっちゃいますが、調味料のランクを上げると、少しの値段の差で味に大きく差が出るのでお薦めです。


今日から4月なのに…鍋が恋しい寒さ [料理(我が家のご飯)]

今日から4月ですね!春本番!!のはずなのに寒いさむい。。。(>_<)
コートも先週までクリーニング早割やってましたが、全然寒くて冬コート手放せない。おかしな気候です。

そんなわけで、昨日の我が家の晩御飯は鍋になりました。
示し合わせたわけではないのに、夫も私も鍋気分でメニューは即決。
IMG_20170331_204327.jpg
石川県民のソウルフード「とり野菜みそ」鍋です。


秋冬は鍋にすることが多いですが、春夏は炒め物の調味料として使ったりすることが多いので、一年中我が家にストックはあります。でも、この時期に熱々のお鍋にすることになるとは。。
IMG_20170331_204230.jpg
ランチョンマットを春らしくグリーン系に変えたところ、鍋のキャベツ(春キャベツです)の緑とマッチしちゃって(^_^;) 変な気分です。

具材は、キャベツ・もやし・えのき・しいたけ・舞茸・ニンジン・里芋・豆腐・鶏肉でした。

「とり野菜みそ」の『とり』は、「野菜をたくさんとる」の意味で、『鶏肉』を指しているわけではないそうですが、やっぱり「とり野菜みそ」鍋には鶏肉が一番合います。

そして、ご飯は白飯ではなく贅沢に生姜の炊き込みご飯です(*^。^*)
IMG_20170331_204257.jpg
生姜の香りが食欲をそそります。沢山食べちゃった。

そして、身体を温めてくれますからね。生姜も大好きです。

社会人リクルートスーツ就活生が、春コートで寒そうにしているのを見かけると可哀相になってきます。冬コートの入学式も風情がないですよね。早く、暖かくなるといいな。

魚焼きグリルでローズマリーチキン [料理(我が家のご飯)]

我が家のお気に入り簡単ご馳走メニューです(*^_^*)
DSC_2488.JPG


【北海道、沖縄除き送料無料】【楽ギフ_包装】【楽ギフ_のし宛書】南部鉄器 ベイクパン(木台・ハンドル2ヶ付き)(IH・オーブントースター対応)【北海道、沖縄 送料 648円】【10P03Dec16】

南部鉄器ベイクパンの底に、タマネギ・ニンジン・ジャガイモなどの野菜を敷き詰め、ニンニク・塩・コショウ・オリーブオイルを振りかけます。その上に、とりもも肉を載せて塩・コショウとあればローズマリー



蓋をして、魚焼きグリルに入れて、中火で15分、予熱で10分程で完成!
皮はパリパリお肉はジューシー、野菜は鶏のエキスを吸って一層美味しくなります(*^。^*)
DSC_2489.JPG

この美味しさを知ってしまうと、もうフライパンで焼いただけの鶏もも肉には戻れません。

魚焼きグリル、使ってない人はもったいないですよ!ぜひ活用すべきです(*^_^*)
前の10件 | - 料理(我が家のご飯) ブログトップ